黒舞昆

口にすると思い出す 家族の笑顔

とろ火煮込み 発酵熟成

一見すると普通の「塩昆布」ですが、そこには「発酵熟成」という独自の製法が隠されています。 アケビの花びらの酵母を使い、パイナップルやリンゴなどの果物や玄米、桑の葉を加えて昆布を発酵させ、舞昆の素ともいえるエキスを煮込んでいます。
昆布からあふれる旨味を煮汁ごと再吸収させていく「直火仕込製法」で、 歯ごたえもっちり、旨味たっぷりの塩昆布を作りあげています。

肉厚で甘みのある 北海道真昆布

当店の看板商品である「舞昆」は、北海道 で採れた真昆布を使っています。肉厚で甘味 が強く、佃煮に適した昆布なのです。大阪に運ばれた昆布は、保存に適したこの温暖な 瀬戸内の気候のなかで熟成され、さらに旨味を増します。

美味しいだけでなく 身体に嬉しい舞昆
開発のきっかけは、お客様の 「気にせずおかわりしたい」という一言から。

お得意様から「オタクの塩昆布でご飯を楽しみたいけど、主人の健康を考えると控えないと・・・」といった相談を受けたのが、舞昆開発のきっかけでした。醤油やみそ、納豆などの発酵食品は 日本ならではの伝統食品。発酵により、身体に良い成分が引き出されます。

もともと昆布にはビタミンやミネラルが含まれているの で、これを発酵させることに より、素晴らしい食品が作れ るのではないか、と考え開発に 至りました。

さらに大阪府立大学との共同研究で、桑の葉や発芽玄 米成分ギャバなどを加えた塩昆布が完成したのです。酵母により生み出されたまろやかな旨味は、「直火仕込製法」でじっくり美味しさを閉じ込めて炊き上げています。
これが塩昆布風発酵食品「舞昆」なんです。